オランダなう


オランダなう

アムステルダム国立美術館、ブライトナーの「着物の少女」展

2016-02-29

オランダ人アーティスト、ジョージ・ヘンドリック・ブライトナー(1857-1923)による「着物の少女」シリーズ全ての絵画が初めて勢揃いし、アムステルダム国立美術館にて展示中だ。

新しい研究によると、展覧会は「着物の少女」全シリーズの14枚の絵画の初めての展示となった。それらのほとんどは、少女ヘーシェ・クァクが16歳から18歳の間にブライトナーのためにモデルを勤めた作品だ。

作品には、プライベートコレクションからの「赤い着物の少女」も含まれている。

絵画作品とともに、画家が作品の準備に使用した絵画や写真、スケッチまでが展示される。

この特別展示は2016年2月20日から5月22日までアムステルダム国立美術館で行われている。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で