オランダなう


エルドアン権力への国民投票 在オランダのトルコ人71%賛成

2017-04-17

トルコのエルドアン大統領に絶大な権力を与える憲法改正に、オランダに住むトルコ人民の71%が賛成投票した。

 

投票は集計がほぼ完了し、トルコの国家ニュース機関の報道によると、全世界のトルコ人民の51%が大統領の権限強化のために投票した。

公式の結果は数日間公表されない。

 

オランダでは82,000人のトルコ人が投票を行い、うち71%が憲法改正に賛成投票し、29%が反対に投票した。

 

ドイツ、フランス、ベルギー、デンマークのトルコ人民も「賛成」を支持した。

 

米国、英国、ロシア、スウェーデン、ポーランドのトルコ人民は「反対」を支持した。

 

オランダ政府はこの結果について公式な声明を発表していないが、議会の複数の議員はソーシャルメディアを通して懸念を表明している。

 

投票の勝利はトルコの大統領に大きな権力を与えることになる。

首相の役割は廃止され、大統領は閣僚を含む最高の公務員を直接任命することができ、司法制度の権限も持つことになる。

 

トルコの主要野党であるCHPは、51%の賛成票とは、非常に僅差であり、また、投票プロセスに不規則性があると疑うため、結果に関して異議を申し立てる、とした。

 





FOLLOW US