オランダなう


varからdbaに変更、オランダのフリーランサー

オランダ企業 臨時雇用契約を好む傾向に DBAの不確実性で

2017-03-13

オランダの企業は、2017年、フリーランサーとの契約を減らし、代わりに臨時雇用契約を増やしたいと考えている。

Raet社の調査によると、さまざまな業界の人事マネージャー31%が、フリーランサーの代わりに臨時雇用社員を雇用することを好んでいる。

 

企業がフリーランサーを雇うことを躊躇する主な理由は、新しいDBA法の不確実性である。

DBA法の多くの側面は、曖昧な領域に分類され、税務当局がフリーランサーと雇用企業との関係をどのように見ていくかについて、企業側が明確に認識することは困難である。

 

RTL Zが今月初めに行った1,182人のフリーランサーを対象とした別の調査では、57%のフリーランサーがDBA法のために1つ以上の契約を失ったと報告があった。

去年の11月には38%であった。

 

Raetのメンバーは、DBA法の不確実部分がいつ明確になるのかは不明だとした。

特に現在、総選挙が行われるオランダでは当面この状態が続きそうだ。

 

しかし、DBA法には複数の修正すべき箇所があるのは明らかである。

 

 





FOLLOW US