オランダなう


varからdbaに変更、オランダのフリーランサー

フリーランサーの証明VARがDBAに変更になる意味とは

2016-04-30

明日5月1日からフリーランサー証明が変更となる。政府の目論見とは?

オランダのフリーランサーの3分の2はVAR証明のシステムが終了することが何を意味するのかわかっていない。

5月1日からVAR証明は、フリーランサーとしての証明とはみなされない。代わりにフリーランサーとクライアントの間の個別契約は、[Deregulering beoordeling arbeidsrelaties](DBA)で証明する必要がある。

フリーランサー200人を対象にしたBNRラジオの調査では、48%は何か変更があったことは認識しているが正確には把握しておらず、そして19%は変更があったことも気づいていない。そして約25%は、この変更が何を意味してるのを把握するのは困難または不可能だと返答した。

実際には、フリーランサーは顧客と個別で契約する必要があり、雇用関係にないことを明確にする必要がある。これが意味することは、フリーランサーは自分で作業の道具を持つ必要があり、また、入れ替えの効く立場の労働者であり仕事の主要メンバーではないことを示さなければならない。

契約は強制ではないが、税務署の調査により、実際にはフリーランサーでなく従業員であると判断する場合には、雇用者は社会保険料及びその他の支払いの責任を負う。現在のシステムでは、保険料はフリーランサーの責任となっている。

この変更の目論見は政府として、企業がフリーランサーに対して、通常の従業員としての疾病手当、休日給与や社会保険の支払いの義務を怠ることを防ぎたい。

政府は人々が新システムの導入に慣れる2017年までは、ソフトな措置を取るがそれ以降は厳格になると述べている。





FOLLOW US