オランダなう


© ANP, via NOS

ロッテルダムのトルコ外交抗議デモ 機動隊との衝突

2017-03-12

オランダとトルコ間の外交摩擦を受けて、11日夜、オランダの警察機動隊が、ロッテルダムの抗議デモと衝突した。

 

ロッテルダムのトルコ領事館前に集まっていた約1,000人を解散させるために、高圧放水銃と騎馬警察が配置された。

 

12人の抗議者が逮捕され、警察官を含む6人が負傷したことを、NOSが報じている。

 

この抗議デモは、オランダ政府がトルコの家族社会政策省大臣がロッテルダムのトルコ領事館に入ることを拒否したことから始まった。

大臣は後に、ドイツへ護衛されている。

 

トルコの家族社会政策省大臣は、トルコ大統領の権力を強化する目的の国民投票でオランダ在のトルコ人の支持を得るために、集会を開く計画をしていた。

オランダ政府は、総選挙の数日前にあるオランダでこのような集会が行われることは、オランダでの緊張を高めてしまうと拒否をした。

これに先立って、オランダ政府はトルコの外相が飛行機で入国することも拒否した。

 

トルコのエルドアン首相はこの拒否に対し大きな怒りを隠さず、集会を否定したオランダ政府を「ナチスの残党とファシスト」と呼んだ。

 

今日の領事館周辺では静かであるが、周囲には多くの被害が見られる。

歩道からは石が拾われ、店や家の窓に投げ込まれた。

周囲全体にはガラスの破片が落ちている。

周辺のバス停も破損している。

 

画像著作権: ANP, via NOS





FOLLOW US