オランダなう


オランダなう

オランダに雇用ビザで居住する方法

オランダにて雇用されて移住する方法

2017-02-20

海外で働いて暮らしてみたいという人にとって、オランダで仕事を見つけて移住してすることはとても良いオプションです。

その理由には、強く着実に成長中の経済、低い失業率、ハイスキル人材への需要、高い給料、外国人のための税制優遇措置、ストレスのない労働環境などが挙げられます。

そして 、生活の質がとても高い恵まれた国に居住するチャンスを得られるということはもちろん大きなメリットでしょう。

 

就労許可が再び必要になりました。

2014年12月から2016年12月までは、オランダと日本で結ばれた日蘭条約のもと、日本市民は、他のEUやスイスの市民のように労働許可なしにオランダで雇用され働くことが可能でした。

しかし、あいにく、こちらは変更がおこなわれ、2017年1月1日からは、日本国民は再び就労のための労働許可が必要となっています。

 

オランダで雇用される

オランダで雇用されオランダに移住する場合は、職種によって様々な種類の労働許可があります。 日本国民にとって最も興味深いと思われるのは以下のものです。

 

知的労働者(Highly-skilled migrant)

知的労働者に該当する「高度に熟練した」という用語は非常に主観的ですが、このカテゴリは非常に高度なスキルを持ち、高等教育を受け、および各分野で非常に専門的な経験豊富な人々のためのものです。

通常、該当の人々は、科学研究者、トップレベルのエンジニア、上級管理職などです。

該当する人は、知的労働者ハイスキル移民として居住許可を取得する必要があります。

雇用側がこの許可を申請をせねばらなず、認定されたスポンサーでなければなりません。

 

普通労働者(Paid-employment worker – single permit)

他の特定のカテゴリに属さない最も一般的なカテゴリの仕事をされる方のためのものです。
労働許可と居住許可を組み合わせた単一の許可(GVVA)が必要となります。
ご自身または雇用主がこの許可を申請することができます。

 

外国企業による商品の供給

これは、雇用先の外国企業によって提供される工具、機械、ソフトウェアなどの商品をセットアップまたは修理をするために、オランダで働きたい人のためのものです。
このカテゴリには他にもいくつかの条件があり、期間は最大1年間です。
労働許可と居住許可を組み合わせた単一の許可(GVVA)が必要となります。
ご自身または雇用主がこの許可を申請することができます。

 

企業内転勤(ICT)

[Directive 2014/66 / EU]の下もうけられた許可で、雇用企業のオランダ支社に転勤となった従業員および研修生のためのものです。詳細については、ICTに関する記事を参照してください。

 

芸術文化関連の雇用

芸術家や文化に携わるミュージシャン、ダンサー、俳優、技術スタッフのためのものです。
労働許可と居住許可を組み合わせた単一の許可(GVVA)が必要となります。
ご自身または雇用主がこの許可を申請することができます。

 

アジア料理のケータリングでの雇用

このカテゴリは、中国料理、インド料理、インドネシア料理、日本料理、韓国料理、マレーシア料理、タイ料理、チベット料理、ベトナム料理の飲食店での調理者のためのものです。

専門の調理人やスーシェフまたはオールラウンドの調理人またはシェフなど、仕事のレベルは4〜6の間でなければなりません。

労働許可と居住許可を組み合わせた単一の許可(GVVA)が必要となります。

雇用側がこの許可を申請をせねばなりません。

 

科学研究者

[Directive 2005/71 / EC]の下で、給与または奨学金を給付されている科学研究者および博士課程学生のためのものです。

[Directive 2005/71 / EC]に基づく科学研究者としての居住許可を申請する必要があります。

認定された研究機関のみがこの許可を申請できます。

 

マスコミ特派員

これは、オランダ国外のマスメディア企業が雇用している通信者として、オランダで働きたい人のためのものです。
マスコミの特派員として居住許可を申請する必要があります。

ご自身または雇用主がこの許可を申請することができます。

 

一般的な条件など

労働/居住許可は種類ごとに独自の条件がありますが、ほぼすべての場合に適用される一般的な条件は以下のとおりです。

  • 雇用主は登録された組織であり、一定の要件を満たしていなければなりません。
  • 雇用主は、職務内容、給料の詳細、契約期間およびその他の条件を示す雇用契約書を提供する必要があります。
  • 給料は特定の最低限の要件を満たさなければならず、それは年齢や職務内容によって異なります。
  • 雇用主は、オランダの雇用保険組織(UWV)に申請を承認されなければなりません。

 

通常、付与される労働/居住許可は、契約期間中スポンサーに直結しています。

あなたが仕事を失った場合や雇用主を変更したい場合は、INDに通知する必要があります。

 

また、通常、INDからの承認を得ない限り、雇用のための労働許可証では、ご自身のビジネスを行うことは許可されていません。

日本国籍の方はビザなしでオランダに入国でき、3ヶ月まで滞在できます。

 

ご自身また雇用主は(申請の種類によって異なります。)、3ヶ月以内に申請手続を開始することができます。

 

もちろん、オランダに来る前に就職先がきちんと決定されている方が賢明です。

 

また、あなたが日本に在住している間に、申請プロセスを開始することもできます。

 

準備として重要な事柄は、オランダの住所を決めることです。オランダに3ヶ月以上滞在する場合には、地元の市役所に住民登録する必要があります。

そのための住民登録が可能な賃貸物件、アパートや一戸建てを探し契約をする必要があります。

オランダの賃貸物件のお探し、交渉、契約のサポートはオランダコンサルタントまで。

 

オランダでの自営業

また雇用での移住以外にオランダでの起業をオプションとして考えているなら、オランダには以前と変わらず日本人への優遇措置があります。日蘭条約により、日本人が個人事業主また会社経営者としてオランダに居住し働くことは、他のヨーロッパの国に比べて断然容易です。

ご自身の事業で働く場合には、就労許可は必要ありません。 居住許可のみの取得です。 詳細については、こちらの記事をお読みください。

 

オランダでの最低賃金についてはこちらの記事を御覧ください。

 

雇用、就職や、起業についての詳細ご質問等は、お気軽にご質問ください。

 

 

今記事の提供元: オランダコンサルタント
オランダ起業ビザの取得方法、オランダ移住関連の情報、ビザ申請サポート、はこちらまで





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で