オランダなう


オランダなう

日本人のオランダ移住

[オランダ移住]欧州移住なら迷わずオランダへ

2016-05-17

オランダ移住について日本人が知っておきたい4つのメリット

 

欧州移住、永住権を目指すならオランダへ。オランダ移住ビザに関する日本人の特権を知っていますか?
1912年の日蘭条約で決められた優遇措置により、日本人がオランダへ移住する場合、ビザ(居住許可)取得の条件や方法などが他国籍保有者に比べ圧倒的にたやすいのです。最近の改定で更に好条件となりました。

 

 

日本人は、日蘭条約の下で、雇用者として、また起業家として働くためにオランダに来ることができます。

 

 

その点で、オランダでは日本国民は、スイス市民のように扱われます。スイスはEU加盟国ではないにも関わらず、スイス市民はオランダまたその他のEU加盟国で労働できる特別な権利が与えられています。

この特別な権利が日本人にも与えられているのです。

スイス市民と同じように、オランダでは、日本人には労働許可は要りません。雇用者としてまたは起業家として居住許可が取得できます。

(注:2016年移民局の発表により、2017年1月1日からは労働許可が必要になり、雇用ビザの条件が変わりました。起業ビザは従来通りですが、労働許可不要とはなりません。)

 

もし、雇用者としてオランダ移住をお考えの場合には、こちらの記事もお読みください。

 

起業家としてのオランダ移住をお考えの場合にはこちらの記事も合わせてお読みください。

 

1 日本国籍所有者の居住許可申請オプション

就職して雇用ビザを申請する。

上記でお伝えした通り、日本人は、オランダで就職したり、起業したりすることが他の国と比較して容易です。

その理由は、労働許可の取得が必要でないからです。雇用主が日本人を雇用する場合には、通常の労働許可の申請を経なくて良いため、雇用しやすい利点があります。

 

起業家、個人事業ビザを申請する。

もし、起業して移住を希望される場合には、その他の欧州各国、イギリス、アメリカなどで起業家ビザを申請なさることと比較すると、オランダでの申請は圧倒的に投資金額も安く、条件も容易です。

 

2 オランダの起業ビザで移住した場合、自分の事業以外の場所でも働ける

そして、収入はどれかひとつに依存する必要はありません。

起業ビザを申請して個人事業主としてオランダへ移住した場合、今までのルールでは他で仕事を探すことはできませんでした。

しかし2014年の改定により、日本人は労働許可書が不要となり、例えば自分で起業した仕事のかたわら、パートの仕事を探したり、あるいはフルタイムで就職したりするなども可能になりました。

反対に、雇用者としてオランダに居住する日本人も、週末起業をすることも可能です。

これにより日本国籍保有者の移住家族にとって、生活費等の収入源獲得のチャンスが増えました。

 

移民局では、オランダで就職している場合にも、そのかたわら個人事業主として働かれたり、フリーランサーとして仕事を取ることを制限していません。

もちろん、雇用と起業家では滞在許可の種類が違いますので、途中でどちらかに変更する場合には、変更を申請する必要があります。

 

3 ビザを取得した日本人の配偶者、パートナーについて

オランダの居住許可を取得した日本人の配偶者、またはパートナーも、居住許可取得の本人と同じ労働の権利を持ちます。

仕事を探して自由に働くことも、自分のビジネスを始めることもできます。

また、お子様がいらっしゃる場合には、お子様の教育やヘルスケアについても補助が受けられます。

 

婚姻関係にない事実上のパートナーについては、同性でも、異性であっても、追加の書類を提出する必要はありますが、申請が許可されれば、婚姻関係にある配偶者と同じ扱いになります。

配偶者が外国籍の場合についても、同様の措置が取られています。居住許可を取得した日本人と結婚していれば、その配偶者は国籍を問わず仕事を見つけ就職することができます。

これはオランダ移住を考える、同性カップルや、国際結婚カップルに取っても、画期的な措置です。

 

4 オランダ起業家ビザ申請には年齢制限がない

オランダ移住の居住許可申請者の年齢制限がないのはご存知でしょうか?

もちろん、高齢で健康状態が良くない場合には、仕事を見つけるのが難しいことを加味することや、起業の場合には、事業の運営が可能であることを示す必要はありますが、申請に年齢制限はありません。

昨今、オランダは移住希望者へ条件や方法が厳しくなっている動きの中で、この日本人への措置は異例とも言えます。

 

 

ヨーロッパ国への移住、永住権の獲得を目指すなら、まずはオランダへ移住するのが、多くの日本人にとって一番の近道ではないでしょうか。

 

オランダに移住したい、その理由「生活編」もお読みください。

 

(こちらの記事は2016年6月、加筆修正されました。)

注:2016年6月21日の移民局の発表により、2017年1月1日からは労働許可が必要になりました。

 

 

今記事の提供元: オランダコンサルタント
オランダ起業ビザの取得方法、オランダ移住関連の情報、詳細のお問い合わせはこちらまで





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で