オランダなう


オランダなう

アルバートハイン健康志向

オランダのスーパーマーケット 健康志向促進

2016-08-01

オランダのスーパーマーケットチェーン、アルバート・ハインは、自社ブランドの100個の製品に関して、砂糖の含有量を減量すると発表した。

アルバート・ハインの広報担当者は、この動きは、健康的な食事を促進し、肥満と戦うことを目的にしていると述べた。

 

今年の年末から店頭に置かれる製品では、砂糖含有率が10から40パーセント少ないものになる。

消費者にわかりやすいように、該当製品の位置は明確に表示され、製品にはどの程度のカロリー、砂糖が含まれるかの表記がされる。

いくつかの製品では、含有の砂糖は甘味料に置き換えられる。

 

先月、スーパーマーケットチェーンのPlusでは、不健康な食品のパッケージから、カラフルで幼稚な文字やキャラクターを削除し、子どもたちにとって魅力的でない包装作りを始めた。

同社はまた、果物や野菜は、減農薬またはオーガニックのものを販売することを約束している。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で