オランダなう


オランダなう

© Vegetarische Slager

ベジタリアン肉代用食品メーカー まぎらわしい製品名の変更命令[オランダ]

2017-10-03

食肉代用食品メーカー Vegetarische Slager はオランダの食品安全機関NVWAから、誤解を招くとされ、一部の製品の名称を変更するように要求されている。

 

NVWAは、[Visvrije Tonyn](魚なしマグロ)、[Kipstuckjes](チキンナゲッツ)、[Gerookte Speckjes](燻製ベーコンビット)などのVegetarische Slager(ベジタリアン肉屋)社の製品は、顧客に誤解を招く可能性があると指摘している。

同社には来年3月まで猶予期間が与えられ、それ以降は、製品の名称を変更するか、罰金の支払いが命じられる。

 

Vegetarache Slager社によると、NVWAの命令は政治的な因縁だとしている。

同社トップのうち、2人はPvdD政党のメンバーである。

同社によれば、他社でも同様のブランドが同じことをしているが、NVWAからは警告を受けていない。

同社ではまた、製品のスペルを既に変更していることを指摘している。

たとえば、製品名には「Tonijn」(オランダ語のマグロ)ではなく「Tonyn」を使用している。

 

Vegetarische Slager社の製品は、ベジタリアンに愛好家が多く、14カ国の3000店舗以上で販売されている。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で