オランダなう


オランダなう

© Consumentenbond

市販の日焼け止め剤 パッケージと実際に差があることが判明

2017-05-27

オランダの癌組織IKNLは、最近、国内の皮膚がんの症例が増加していると報告した。オランダでは日差しが気になる日が続いているが、あなたが使用している日焼け止め剤の実際の効果はどれほどだろうか?

 

オランダの消費者団体 Consumentenbond では、一般的に入手可能なSPF 30の日焼け止め剤の15種をテストした。

その結果、実際のSPFはブランドごとに異なり、一部は低すぎたことが示された。

 

クリニーク(Clinique)、クラランス(Clarins)、ユーロプロフィット(Europrofit:Kruidvat)のクリームは、パッケージの説明よりもUVB線に対する保護がはるかに少ないことが判明した。

 

クリニークSPF 30クリームは、実際のSPFが10で最悪であり、クラランスは15で、ユーロプロフィットは20であった。

 

ユーロプロフィットのサプライヤー、Kruidvatはこれを受け、調査を開始し、製品の販売を保留しているという。

 

GarnierのAmbre Solaireはテストで最高のパフォーマンスを出した。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で