オランダなう


オランダなう

75%の顧客は店員よりも商品について詳しいことが判明

2017-02-28

無知な店員らに客は大きく迷惑をしている。

コンサルタント会社、マンハッタン・アソシエイツ(Manhattan Associates)によるオランダ人2000人を対象にした調査によると、約75%の顧客が、店員よりも商品についての知識を持っていると判明した。

 

顧客にとって、店舗での人間同士のやり取りは、非常に重要であるとの調査結果も見つかった。

人々がインターネット上のショッピングでなく、わざわざ店に出向くという行為には、製品に関するより多くの情報を得るため、という理由からである。

無知または、プロフェッショナルでない店員は、顧客の買い物経験を損なってしまう。

 

ABN AMRO銀行が行った、4,000人を対象とした前回の調査では、50%の人々が、店舗は、店員のプロフェッショナリズムにもっと投資すべきだと答えた。

 

近年の店舗では、財務的な圧力の下、店員の人数とクオリティーを大幅に削減している、とRabobankの小売業専門家、ヨス・ヴォス氏は説明する。

経営陣からは、店員は、ビジネスとセールスを改善するための人材ではなく、足を持ったコストとしか考えられていない、と指摘した。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で