オランダなう


© RTL Nieuws

フェイエノールト エールディビジ 18年ぶり15度目の優勝

2017-05-15

ロッテルダムのフェイエノールト(Feyenoord)は、18年ぶりにオランダのエールディビジ(Eredivisie)王者となる。

 

フェイエノールトは、14日にエールディビジ最終節にて、ディルク・カイト選手がハットトリックを決め、ヘラクレス・アルメロ(Heracles Almelo)を3-1で下した。

 

36歳のチームキャプテン、ディルク・カイト選手は、ホームゲーム開始後1分でゴールを決めた。その後、12分に再びゴールを決め、さらに10分前に再びゴールを決めた。

 

フェイエノールトのエールディビジでの優勝は、通算15度目、1999年以来初である。

 

本日15日12時、市からの表彰式典がロッテルダム市役所にて行われる。

 

約10万の人々がこの祝賀に出席する。

周辺には、本日早朝からすでに多くの人々が集まっている模様だ。

ロッテルダムの多くの学校では、学生たち祝賀に参加することを許可している。

 

式典は、11時半よりオランダテレビNPO 1で生中継される。

 

 





FOLLOW US