オランダなう


オランダなう

© NOS

ABN Amro銀行 指輪型の支払いウェアラブルデバイスを開発

2017-06-25

ABN Amro銀行では、デビットカードのように非接触での支払いを可能とする指輪型ウェアラブルデバイスを開発している。

 

英国のKerv社が製造しているウェアラブルズ(Wearables)という指輪型デバイスには、NFCチップが組み込まれている。

これにより、着用者は非接触デビットカードのように、POSマシンの近くに指輪を近づけることで支払いを行うことができる。

 

銀行によると、この支払い方法はデビットカードでの支払いと同じくらい安全である。

 

顧客はカードと同様に、指輪デバイスが盗まれた場合、すぐにブロックすることができる。

また25ユーロ以上の支払いにはPINを入力する必要がある。

 

ABN Amro銀行は現在、特定の顧客グループと指輪デバイスのテストを行っている。

銀行では、消費者は今年末までに、指輪デバイスの使用が可能となると期待している。

 

理論的には、支払い用のチップは、例えば衣類、靴、腕時計など、どこにでも埋め込むことができる。

ABN Amro銀行の開発では同様の機能を備えた腕時計型ウェアラブルデバイスもテストされている。

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で