オランダなう


オランダなう

Facebookフリマアプリ Marketplaceが欧州で開始

2017-08-15

Facebookはオランダを含むヨーロッパの17カ国で、新サービスのMarketplace(マーケットプレイス)を開始した。

 

スマートフォンのFacebookアプリまたは、コンピュータのブラウザで動作するMarketplaceは、ユーザーが互いに物を直接売買することを可能にするフリマ機能のサービスだ。

 

ユーザーの地元で出品されているアイテムをスクロールしてお気に入りを探したり、特定の製品を検索することができる。

 

ユーザーが商品の画像をクリックすると、その商品や売り手の詳細が表示される。

 

Marketplaceには支払い機能がないため、すべての支払いは買い手と売り手の間での決済となる。

 

Marketplaceは去年、米国で始動し、ヨーロッパで開始される前には、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、チリ、メキシコでそのサービスが拡大されている。

 

オランダ最大のC2C売買サイト「Marktplaats」は、顧客の安全を重視しているため、Facebookのマーケットプレイスについて心配していないと述べている。

Marktplaatsは最近、独自の支払いシステムも立ち上げており、問題を抱えている顧客サポートに10年の経験を持つ。

 

 

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で