オランダなう


オランダなう

オランダ国鉄NS

© NS

アムステルダム・ユトレヒト・アイントホーフェン間の10分間隔運行12月から定着

2017-10-19

オランダ鉄道NSは昨日18日、アムステルダム・ユトレヒト・アイントホーフェン間を結ぶ「10分間隔電車」に乗客が満足していると発表した。

先月から毎週水曜日、オランダ鉄道NSは、アムステルダム – ユトレヒト – アイントホーフェン線で10分に1本の列車をテスト運行している。

通常、この線は、15分に1本の列車運行となっている。

 

14日間のテスト日のうち7日目以降、NS社は1,300人の乗客を対象にサービスについて調査を行い、乗客の約90%が満足していると回答した。

調査では、乗客がこのテスト運行によりより多くの座席を見つけることができ、駅での電車の待ち時間が減り、、プラットホームの混雑も減ったことが判明している。

 

NS社は今年12月から、アムステルダム・アイントホーフェン線の列車を10分ごとの運行に定着させる予定である。

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で