オランダなう


オランダなう

アムステルダム、自転車のすすめ

2015-03-15

アムステルダムは、世界で最も自転車に優しい都市の一つである。

アムステルダムの小さなサイズ感、贅沢な自転車専用道路、平らな地形、加えて車の運転が不便なこの町では、ほとんどの人の移動手段に自転車が選ばれる。

アムステルダムの全地域に、はっきりとわかる茶色の自転車専用道路(Fietspad)と公認の自転車ラック、警備つきの駐輪場(Fietsenstalling)が存在する。

アムステルダムで自転車に乗るのは、健康的、実用的、そして楽しい!あなたが地元人か旅行者どちらでもかまわない、自転車にまたいで、移動しても良いし、町のすばらしさを一日かけて散策しても良い。

レンタサイクル
自転車をレンタルしたければ、町のいたるところにのレンタルショップが見つかるだろう。
MacBike, Amsterbike, Discount Bike Rental and Bike 4 Uなどがメジャーどころだ。
価格帯としては、6時間3ユーロ、15ユーロで24時間といったものである。 

自転車ツアー
アムステルダムを知るに最適な方法は、ガイド付き自転車ツアーにでることだ。町の一番美しい部分を駆け抜けながら、リッチで、風変わりでおもしろい歴史や独特のアムステルダム文化を学ぶことができる。
たくさんの自転車レンタルショップで個人やグループでのツアーを開催している。
Mike’s Bike Tours  Joy Ride Tours  Bike Tour Amsterdam等だ。
料金は、2,3時間で20ユーロ程度。 

アムステルダムサイクリングのヒント
アムステルダムの交通システムになれないと、サイクリングに苦戦することがあるかもしれない。
自転車をレンタルしたら以下のことを頭に入れておこう。

  • レーンの中にいよう: 道路の右側にある自転車レーンを使おう。白のラインと自転車マークがついてある。

  • 道路のルールを守ろう : すべての交通信号や標識を守る。歩道、ショッピングストリート舗装や高速道路では自転車に乗らない。

  • サインを送ろう: 道を曲がるときには、いつも右手をあげてサインしてから。

  • 夜のライト: 暗くなったら、後ろと前にライトをつけることは法律で義務付けられている。

  • 他の交通に注意: スクーターが自転車レーンに入ってきたり、タクシーがトラムを待ってスピードを落としたり、大きい配達車などは死角に入ったあなたが見えないかもしれない。

  • トラムのレールに注意: タイヤがトラムのレールに挟まってしまうことがある。鋭角に横切ろう。

  • 鍵をかける: 自転車を守り、移動されないように必ず鍵をかけよう。公認の自転車ラックがいつも安心だ。

  • 車間をとろう: 二人以上が隣同士にならないように。他の自転車をペースを合わせる。電話に出るときや地図を確認したいときには、自転車を脇によせよう。

  • ラッシュアワーを避ける: 朝8時から9時、夕方5時から6時は何千もの自転車が道路に出る。ジャンクションでは度々待たされるとこもある。どこかへ行く用事がないなら、ラッシュが落ち着くまで待つのが懸命だ。

  • オランダ人を真似るな: アムステルダム人はルールをやぶることで有名だ。赤信号を無視したり無灯火での夜間通行など、真似しないように!






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で