オランダなう


オランダなう

© RTL Nieuws

ICトラベルカード チェックアウトし忘れの警告サービス

2016-06-27

オランダ鉄道NSは本日27日、乗客がICトラベルカードをチェックアウトし忘れた際に警告を出すサービスを開始した。

 

 NS社のサービスにサインアップした会員には、ICトラベルカードの退出スキャンを忘れると、警告のメールが届き、ペナルティーで徴収された料金の返金方法も説明される。

 

オランダのICトラベルカードである「OV-chipkaart」では、乗客が、チェックアウトのスキャンをしない場合には自動的にカードの残高から20ユーロが差し引かれるシステムである。

NS社はまたアプリの試験導入中で、こちらでは乗客がチェックアウトを忘れると警告音を出し、乗客に気付かせる。

 

2014年には、電車、バス、路面電車の利用客が、トラベルカードのチェックアウトをし忘れた回数は730万回を数え、乗客らは述べ1,600万ユーロ(18億円以上)を支払った。

 

画像著作権: RTL Nieuws






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で