オランダなう


オランダなう

© NS

アムステルダム-ブリュッセル間ICブリュッセル移動時間大幅短縮 料金も上昇

2018-04-09

本日9日から、アムステルダムーブリュッセル間のインターシティーブリュッセル運行の移動時間が大幅に短縮するが、同時に乗客の支払う運賃は上昇する。

 

オランダ鉄道NSとベルギー鉄道NMBSが共同で運営する新しいインターシティーブリュッセル(Intericty-Brussels)列車は、新しい高速線を利用し、移動にかかる時間は2時間53分となる。

これは従来線路利用の3時間22分前よりも29分早い。

スキポール空港から出発する乗客は特に、短縮された移動時間の恩恵を受けるだろう。

 

この高速ベネルクス(Benelux)列車:インターシティーブリュッセルは、北ブラバント州のブレダ市にも接続する。

ブレダ市民はベルギーとの直接運行列車の登場を非常に喜んでいる。

 

デン・ハーグ駅からは、ベルギーの直行列車は現在の16本の代わりに、4本となり逆に不便になる。

 

アムステルダムとブリュッセルのミディ間のインターシティーブリュッセル料金は、実に70%も上昇し、往復94ユーロまたは片道47ユーロとなる。

ただし、これは1週間未満の直前購入の最終チケット料金だ。

1週間以上前に購入したチケットは、日により、片道25ユーロまたは33ユーロである。

 

アムステルダムーブリュッセルミディ間には他にもさらに高速のTharys鉄道での移動(所要時間1時間51分)のオプションがある。

こちらの料金は直前購入82ユーロ程度と比較的高額だ。