オランダなう


オランダなう

オランダの各家庭で今年ガス水道電気料金が上昇

2018-04-02

今年、オランダの大半の世帯では、ガス、水道、電気の料金が上昇する。

 

この上昇は、各市町村が、電気・ガス・水道の供給会社へ、ユーティリティパイプラインの土地利用のための税金を請求するシステム、precariobelastingによる。

 

グローニンゲン大学の計算によると、precariobelasting税は今年平均33%の増加が見込まれている。

 

2017年にprecariobelasting課税システムは廃止されたが、2016年2月までに税金を請求した市町村では、2022年までこれを継続することが許可された。
NOSによれば、この許可の期限月には、駆け込みで多くの市町村が税金を導入した。

 

ガス・水道・電気供給会社はこの税金の負担分を顧客に請求するため、消費者は今年の請求書に平均して26ユーロの追加料金を支払うことになる。

 

2022年以降、この税金の廃止によって失われる何百万ユーロを市町村がどのように補うかは不明だ。

グローニンゲン大学の研究者によれば、この損失を補うために市町村税が増額となる可能性がある。