オランダなう


オランダなう

アペルドールン市で反難民デモ、警察が警戒

2016-01-17

オランダ東部のアペルドールン市の難民流入の反対デモに警察が警戒している。アペルドールン市では本日、反イスラムグループのペギーダ(Pegida)によって難民流入反対のデモが開催されるそれと同時に路上では、ペギーダに対立する反ファシスト党アクション(AFA)のデモがおこなわれると、RTLが報じている。

最近、両グループのアペルドールン市での活動は活発化している。 AFAによる反ペギーダに関するステッカーが市内に貼られ、ペギーダはバスからビラ1000枚をばら撒いた。

アペルドールン市では、可能な限り平和的なデモとなるよう追加の警察官を配備している。デモを制御することに加えて、警察は、2つのグループが衝突しないように努める。

昨年11月にはユトレヒト、ロッテルダムでペギーダによる反難民デモが行われた。ユトレヒトでは暴動に発展し、32人の逮捕者が出た。

 

画像著作権: ANP, via RTL





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で