オランダなう


オランダなう

アムステルダムの不動産はほとんどが大資本の所有

2017-11-04

アムステルダムの住宅不動産は、そのほとんどが大資本の所有になっている。

これは、アムステルダムの主な不動産所有者について、土地登記簿の公開情報に基づいたHet Parool新聞の調査から明らかになった。

 

この調査によると、アムステルダムの多くの住宅不動産は、裕福な起業家、富裕層家族、プロの投資家、年金基金などが所有しており、さらに、このような大資本所有者らは、アムステルダムの不動産価格の高騰に魅了されている。

この調査によると、21の個人投資家が100軒以上の家屋不動産と事業所不動産を所有していた。

そのうちの1人は512軒を所有している。

 

いくつかの企業は、市内の数百、数千の住所の物件を所有している。

 

この調査では、アムステルダムでは、投資家が物件を貸し出すために購入する、「貸すために買う」トレンドが強まっていることもわかった。

実のところ、購入された8つの物件のうち1つは、小さなアパートに分けて賃貸されている。

 

貸すために買うというトレンドは不動産価格に大きな影響を与え、結果的に、アムステルダムを所有しているのは誰なのかという疑問が上がってくる。

 

アムステルダム市議会はこの問題を非常に懸念しており、調査を重ねる姿勢である。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で