オランダなう


オランダなう

アムステルダム動物園に絶滅危惧種の赤ちゃん誕生

2016-01-22

アムステルダムのアルティス動物園に絶滅危惧種のゴリラの赤ちゃんが誕生した。

アルティス動物園の新しいメンバーは、ゴリラのシンディが出産した赤ちゃんである。

動物園のスタッフによると、赤ちゃんは生存しているそうだが、母親シンディーが赤ちゃんを常に肌身離さず抱いているため、覗き込むのは難しいと言う。

この赤ちゃんゴリラは、シンディにとって五番目の赤ちゃんとなった。シンディーの最初の2人の赤ちゃんは死亡し、その後の2人のオスゴリラは現在アルティス動物園に住んでいる。

シンディは現在絶滅危惧種に認定されているニシローランドゴリラだ。アムステルダム、アルティス動物園は、絶滅危惧種のためのヨーロッパの繁殖プログラムに参加している。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で