オランダなう


オランダなう

アンネ·フランクは推定より1ヶ月前に亡くなっていた

2015-04-01

2015年3月31日、アンネ·フランクの没後第70回目の命日、オランダ、アムステルダムにあるアンネ・フランクの家博物館はアンネが死亡したと考えられていた日付よりも約1ヶ月早く、チフスによって死亡した可能性が最も高いことを発表した

アンネ·フランクの家の研究者エリカプリンスは、さまざまな古文書や目撃証言を基にした研究によって、アンネと妹のマーゴットは、北ドイツのベルゲン·ベルゼンのナチス強制収容所で2月下旬に死亡したことが示される、と述べた。

チフスを発症した患者は通常、発疹症状が出た12日以内に死亡するとされるが、アンネ達姉妹は2月初旬にチフスの症状が出たことが目撃されている。正確な日付は不明であるが、これは姉妹の死が2月下旬ごろであったことを裏付ける

アンネの3月31日の命日は、アンネとその妹が3月中に亡くなったとされるストーリーに基づき、戦後オランダの当局によって設定された。当時、オランダの当局は、正確な日付を確立するためのリソースを持たなかった。

出展: AP





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で