オランダなう


オランダなう

イスラム国に住むオランダの子供の生活

2016-01-13

シリアとイラクのIS(イスラム国)エリアには少なくとも70人のオランダ人の子供がおり、過酷な生活を強いられている。

セキュリティサービスAIVDによる報告書では、テログループの管理下で生きる生活がどのようなものかを説明する。イスラム国で生活するオランダの子供たちは、両親によって中東に移動され、また約3分の1はそこで生まれたとみられる。正確な数は不明である。

IS地域の子どもたちの生活は死と暴力と背中合わせである。子供達は日常的に、自分の父親や家族が戦場で死亡することに直面する。

子供たちはまた処刑や暴行の場面に連れて行かれる。 男児は9歳から戦士になるための訓練を受け、16歳で戦場に行かされる。

女児は9歳から結婚させられ、自分の夫をサポートし多くの子供を産むように教えられる。また、完全に顔と体を覆う衣装をつけなければならない。女性のためのもう一つの義務は、イスラム過激派へ人々をスカウトすることである。

オランダに住む子供たちの親族は、子供達は例え望んだとしてもオランダに戻ることは許されないだろうと言う。どちらにしても、イスラム国にいるほとんどの子供たちは長く生きられない運命にあると嘆く。

 

画像著作権: NOS





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で