オランダなう


オランダなう

オランダで外国企業が進出、雇用増加

2016-01-23

オランダでは外国資本の企業進出が進んでいる。

オランダ外国投資庁NFIAによれば、国外の企業300社によるオランダでの投資は、昨年総額ほぼ19億7千ユーロ(約590億円)となり9,300件の雇用を創出した。

アパレル会社のマイケル・コース、自動車メーカー、テスラ、およびLCCのイージージェットが主要な投資会社である。雇用機会のほとんどは、本社、生産拠点や物流センターから生まれた。

アムステルダム市単独で、140社以上の新しい外国企業がビジネスを開始し、今後3年間でほぼ3000件の雇用が生まれると、市議会が発表した。

新会社の内訳は、36社はテクノロジー企業と23社はビジネスと金融サービスだ。3分の1は米国資本である。

外国企業の増加はまた、昨年、市の外国人センターで処理される居住許可の申請の数を26%増加させた。居住許可は昨年1万件申請されている。

画像著作権: ANP, via AD.nl





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で