オランダなう


オランダなう

昨日5月4日、オランダで戦没者の追悼記念

2016-05-05

オランダでは5月4日、戦没者の追悼が行われた。この追悼はオランダ語で「Herdenkingsdag」と呼ばれる。

この日全国で戦没者の追悼記念が行われ、午後8時には2分間の黙祷が全国で捧げられた。

黙祷の間、公共交通機関のサービスは一時停止をし、飛行機は離着陸をしなかった。ボーダフォンとT-Mobileでは、75,000人が携帯電話をオフにしたことを報告した。

アムステルダムのダム広場での追悼式典には、国王ウィレム・アレクサンダー、女王マキシマ、ルッテ首相やその他重要公人が出席した。王と女王は、すべてのオランダ市民の代表として、ダム広場にある記念碑に追悼の花輪を置いた。ロッテルダムの市長は、ゲストスピーカーであった。

デン・ハーグの有名なナチスの処刑場所Waalsdorpervlakteでは、伝統的なサイレント行進が行われ、続いて記念の花が捧げられ2分間の黙祷が行われた。

 

画像著作権: NOS





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で