オランダなう


オランダなう

オランダの主要都市から郊外への転出増加

2016-02-22

2015年オランダの主要都市から郊外へと転出する人が増えている。

去年オランダの主要都市での転出数は、転入数よりも多かった。オランダ統計局によると、この現象はより多くの人々がより良い雇用市場のために主要都市に転入した2008年の金融危機以来初めてのことである。

現在オランダに住む人々は、主要都市での住宅価格と育児費用の確実な値上がりを受けて、再び大都市の近隣の郊外市町村への転出が多くなっている。

この転出の増加傾向は主にアムステルダムで顕著で、2015年は39,000人が転出し、アムステルダムの人口成長は昨年比マイナス1230人になっている。2015年にアムステルダムを去った人の数は2014年比で4000人以上増えており、2013年比では1万人以上増えている。

デン・ハーグ市もまた、2015年は約1700人が退去し人口成長はマイナス1695人となった。

ユトレヒト市のケースでは、去年の人口は734人成長したにも関わらず、2013年に見た3177人の人口成長以来減少しており、2014年には2192人であった、

ロッテルダムは、唯一の例外都市でより多くの人が転入し、1448人の人口成長となった。

主要都市の人口成長の大部分は移民流入に起因するものである。また大都市では通常、死亡者数よりも出生者数が多い。






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で