オランダなう


オランダなう

オランダの賃貸物件

オランダの住宅賃貸料金 昨年はさらに大幅上昇

2017-01-28

昨年、オランダの一般住宅の賃貸価格はさらに大幅に上昇した。

 

不動産ウェブサイト、パラリウス(Pararius)による自社の調査によれば、2016年の最後の3ヶ月間において、一般の民間賃貸住宅の賃貸料金は、前年比で1平方メートル当たり平均9%上昇した。

 

フローニンゲン市では賃貸料金がもっとも急激な上昇を示した。

2010年には、フローニンゲン市の平均賃貸価格は11.12ユーロ/1平方メートルであった。

しかし昨年末には13.26ユーロ/1平方メートルへと上昇している。

 

パラリウスによると、オランダの住宅賃貸料金の上昇は、主に外国からの移住者が増えていることに起因している。

 

オランダの多くの市町村では、経済効果から外国企業を誘致したいと考えているが、外国企業の社員は数年の滞在のみであり、住宅購入もなく、公共住宅入居の資格を持たない。

結果的に、一般の民間住宅での賃貸の需要が非常に高まっている。

 

オランダでは現在、公共住宅への入居資格を持たない中産階級の人々のための賃貸物件が不足している大きな問題がある。

 

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で