オランダなう


オランダなう

オランダの医師、児童も安楽死の権利を

2015-06-20

オランダの児童保健組合は、病気で深刻な痛みに苦しみ、改善の見込みがない児童について年齢に関わらず安楽死の希望が許されるべきだ、との見解を新聞社Volkskrantに話した。

安楽死はオランダでは合法であり、現在は新生児または12歳以上の子供に許されている。医師曰く、12歳以下の幼い子供達も自分の行動にまつわる結果について理解できるのだから、年齢制限は問題であると言う。

児童の保健の教授Eduard Verhagen氏は同新聞社に語る。「私たちが話し合っているのは、死に近い子供を持った親に対して、自分の子供に対する安楽死を与える機会を与えるという、非常にまれな状況についてです。」

2002年から2012年の間に未成年者の安楽死は5例のみであった。このうち、1例は12歳で他の4例は16、17歳であった。

 

記事の引用元はこちら: Volkskrant





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で