オランダなう


オランダなう

© CBS

オランダの失業率 減少が続く

2017-08-17

オランダでの失業率の減少は続いており、失業給付を受けている人々の数も減少し続けている。

 

2017年7月には登録失業者数は43万6,000人、労働者の4.8%となり、6月と比べ0.1%減少したと、オランダ統計局は報告している。

過去3ヶ月間、失業者数は毎月7,000人減少している。

 

7月に失業給付を受けた人数は36万4000人で、6月に比べて8,000人少ない。

公式の失業者に加えて、積極的に仕事を探していないが、仕事がしたい人や、より多くの労働時間が必要な人は、およそ100万人いる。

これは「隠された」失業者と呼ばれている。

この数を入れた失業者数は130万人となる。

数年前には約180万人であった。

 

国家統計機関、KVK、経済研究所EIB、およびVNO-NCWの共同研究からは、オランダの企業が、ビジネスサービス、ITおよび建設に適した労働者を見つけることにますます苦労していることを示している。

小売業では、労働者の不足は最小であり、20店舗のうち1店舗のみがスタッフを探している。

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で