オランダなう

オランダなう


© ANP/Roos Koole, via nrc.nl

オランダの安楽死例が増加

2017-08-03

近年、オランダの安楽死が増加している。

 

これはアメリカの雑誌The New England Journal of Medicineでのオランダの3人の科学者による寄稿記事による。

アムステルダム、ロッテルダム、ユトレヒトの病院の3人の科学者は、死亡した患者の医師によって提供された1990年から2015年までの25年間のデータに基づき調査を行なった。

1990年にオランダの全死亡者の1.7%が安楽死であったのに対し、2015年は4.5%となっている。

また、2016年には、オランダの地域安楽死監視機関(RTE)によって、6091例の安楽死が報告されており、2015年に比べて10%増加した。

 

安楽死は2002年にオランダで合法化された。

オランダは安楽死が合法化された世界で最初の国である。

 

報告書によれば現在、安楽死の要請の約半分が認められている。

 

症例の92%において、患者は、高齢のため、精神病または初期の認知症による、致命的な病気または深刻な健康上の問題を有していた。全患者の3分の1以上が80歳以上であった。

 

 

 

 





FOLLOW US