オランダなう


オランダなう

オランダの家庭用品リアル店舗苦戦中

2016-02-01

オランダの家庭用品取り扱いの店舗は、売り上げ高の減少に直面している。

食器、カトラリー、インテリア用品、カーテン、タオル類、などの家庭用品は、オンラインショップでの購入が、より人気となっており、オランダの家庭用品チェーンのブロッカーやヘマなどのリアル店舗での売上高は減少している。

オランダにおける小売業では、家庭用品を販売する店舗が最近著しく苦戦している。オランダ統計局は、2014年と比較して昨年の売上高で5.5%の低下を報告した。
2008年に起きたオランダ経済危機が始まって以来、家庭用品店の売上は20%近く下落している。

売上高下落を原因として、現在家庭用品の店舗数も減少している。 2008年、オランダ全体で家庭用品店は1255軒あったが、2015年にはその店舗数は995軒となった。
家庭用品取り扱いチェーンでは、ウェブショップの顕著な成長からのみならず、同じような家庭用品を取り扱うデパートやスーパーマーケットからも苦戦を強いられる。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で