オランダなう

オランダなう


オランダの小売業、雇用成長を続ける

2016-03-13

オランダの小売業界における雇用数は年間プラス0.8%の割合で成長を維持し続けると予想される。マーストリヒト大学の教育と労働市場研究センター(ROA)からの報告によると、去年オランダでは小売業約1700軒の店舗が閉鎖したにもかかわらず、業界の雇用数には影響がなかった。

 

オランダで小売業は86万3千人の従業員を抱え、総労働人口の約10%を占め、オランダで最大の雇用主である。そのうち約50万人がフルタイムの雇用である。

 

ニュース番組RTLZ局のアナリストは、小売業界での雇用成長を助ける2つの傾向があると述べている。ひとつには、最大のオンラインショップ「Bol.com」や「Cool Blue 」などは現在、実際の店舗での営業もしているということだ。2番目の傾向として、2008年の金融危機後オランダでの失業率が下落を続け、人々はより多くのお金を稼いでいることにある。これが、人々のより多くの支出につながり、その結果小売部門におけるより多くの雇用創出となっている。

 

画像著作権: RTL





FOLLOW US