オランダなう


オランダなう

オランダ財政黒字

オランダの年金受給年齢3ヶ月延長 2022年から

2016-10-31

オランダでの年金受給(AOW)開始の年齢は、2022年から67歳と3ヶ月になると、De Volkskrant新聞が報じている。

 

新聞が報じる年金受給開始年齢の変更は、国家統計局が計測した新たな平均寿命の主張に基づいている。

2012年に施行となる新たな年金規則では、寿命が上がることを見越して、年金受給年齢も3ヶ月先延ばしになるとされる。

現在の年金システムは、人々が退職後平均18年間にわたり国民年金を受給する予測に基づかれている。

同紙では、年金受給年齢が議論されず先延ばしされるのは初めてだと報じている。

 

しかし記事では、変更についての公式な確認には触れていない。

 

年金受給年齢は、オランダで来年3月に行われる総選挙で、大きな話題になることが予測される。

PVV政党と50Plus政党は、定年退職の年齢を現在の67歳から65歳に引き下げたい考えだ。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で