オランダなう


オランダなう

オランダの犯罪率低下 特に大都市で顕著 市町村全リスト

2017-05-20

オランダの犯罪率は2016年に8%減少し、特に大都市では減少が顕著である。

 

数字は、AD新聞によって今年公開されたデータによる。

 

色分けされたインタラクティブマップは、泥棒、車の盗難、虐待、破壊行為を含む10種類の犯罪に関する2016年の警察のデータに基づいている。

 

マップでは、犯罪レベルと比較して各エリアの人数に応じて計算されており、また、犯罪が犠牲者にどれほど影響を与えるかについても考慮されている。つまり、身体的虐待は脅しよりも重いものとなっている。

 

報告書によると、自宅の侵入は14%減少し、スリは13%、強盗は12%低下した。

リストによると、オランダで最も安全な場所は、オーファーアイセル州のトゥッベルヘンである。

アムステルダムは犯罪発生率が最も高く、その後アイントホーフェンとロッテルダムが続いた。 デン・ハーグは8番目に高い犯罪率を示し、ユトレヒトは10位になった。

 

386の市町村の全リストはこちら。

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で