オランダなう


オランダなう

オランダの犯罪率4年連続減少 人々はさらに安全を感じる

2017-03-02

オランダでは2016年に4年連続で犯罪率が低下し、人々はさらに安全を感じている。

 

オランダ国家統計機関は、全国の81,000人を対象に、暴力犯罪、荒らし行為、盗難・盗難などについての質問調査をした。

その結果、人々は近年さらに安全を感じていることがわかった。

この調査には、警察に登録された犯罪に加えて、人々が経験したが、警察に届けていない犯罪も含まれていた。

 

2012年以降、警察で記録された犯罪の数は20%減少し、人々の経験した犯罪は13%減少した。

器物破損が19%と最も大きく減少し、盗難/強盗(11%)、暴力犯罪(7%)と続いた。

 

時には安全でないと感じると答えた人の割合は、2012年の37%から2016年では35%に減少した。

自宅近所で不安に感じることがあると答えた人の割合は、18%から16%に減少した。

 

犯罪発生率は、アムステルダム、ロッテルダム、ユトレヒト、デンハーグの4大都市で高く、犯罪の減少は国の東側と南側で顕著である。

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で