オランダなう


オランダなう

オランダの百貨店バイエンコルフ恒例特別セール[Drie Dwaze Dagen] を廃止

2015-09-19

オランダの百貨店グループ「バイエンコルフ」は恒例だった特別セール、[Drie Dwaze Dagen](三日間のクレイジーな日)をやめることを発表した。セールのコンセプトが、デパートのラグジュアリーイメージにマッチしないとの理由だ。

[Drie Dwaze Dagen]とはバイエルンコルフ百貨店で1984年の経済危機時に始まった1年に3日だけのセールイベントである。特別価格のアイテムは日替わりで、何百ものアイテムがこのセールのために用意され、異常に安い金額で売られる。このイベントには何千もの集客があった。

バイエンコルフのディレクター・ジョバンニ氏は新聞社テレグラフに、百貨店の売りはラグジュアリーなものであって、顧客は安い価格ではなく、そこでの良質な経験を求めて足を運んでいる、と語った。そのため低価格をアピールしたプロモーションキャンペーンはコンセプトに合わない。氏は、バイエンコルフは現在大変な成功を収めていて、今年度の上半期は売り上げは伸び続けている、と付け足した。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で