オランダなう


オランダなう

オランダの賃貸物件

オランダの賃貸住宅ますます不足傾向へ

2016-02-09

オランダの賃貸住宅は、現在需要が供給よりもはるかに多く万年不足している状況だか、その傾向はますます悪化している。

不動産コンサルティング会社キャプタル・バリューによる新たな報告書では、新築の住宅のほとんどは売却用物件であり、数千軒の賃貸用住宅は売却されていることが判明した。

古い建物が取り壊されたり、投資家がもともと賃貸物件であった住宅を民間に売却することで、実際にオランダの賃貸物件の数は減少、ますます不足している。

キャピタル・バリュー社は、家族のための賃貸住宅が不足している時に、賃貸物件数の減少が起こるとははなはだ問題であると述べている。

同社はまた、住宅協会や市議会、住宅の開発者は、借り手よりも、所有者側に力を入れすぎている、とした。

さらに公共住宅の供給については非常に厳しく、アムステルダムでは予約に10年から12年間の待ち時間となっている。

 

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で