オランダなう


オランダなう

オランダの都市部の雇用数が増加

2016-03-08

オランダの大都市での雇用数は過去25年間で30%増加している。

オランダ環境評価庁(PBL)からの統計によると、アムステルダム、ユトレヒト、デン・ハーグ、ロッテルダムのような都市の経済状況は非常に良い。都市部の生産性は高く、良い労働者獲得のために企業同士が競合しているゆえ、応じて賃金も高くなっている。

アムステルダムでは、オランダの他都市に比べ、同じ職業の場合には約10%高い給与が支払われている。ロッテルダムとデン・ハーグでは、給与は約8%高い。

飲食業または小売り業などで通常低賃金とされる仕事であっても、都市部の労働者には高い給与が支払われる。例えばアムステルダムでは、低賃金労働者は非都市部の労働者よりも、同じ仕事に対して約4.5%多い給与を獲得する。

しかしながらそれと当時に、都市部での貧富の差は大きいものとなっている。また、新居住者や、都市部外に住む人々が新規雇用されるケースが多いことから、政府からの支援を受けている都市部の失業者達は、雇用成長の恩恵を受けることは少ない。

 

画像著作権: PBL





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で