オランダなう


オランダなう

オランダの食品廃棄物が減少 牛乳とパンがもっとも無駄にされている食品

2017-05-27

マーティン・ファン・ダム経済事務局長による2度の調査によると、オランダの食品廃棄物は減少している。

 

この調査によると、消費者は2016年に1人当たり41キロの食用可能な食品を捨てた。

2010年の数字は48キロであった。

また、昨年は1人57リットルの飲み物が捨てられた。

 

さらに、食糧生産と消費過程全体の廃棄物総量も減少した。 例えば、生産過程の廃棄物や小売での廃棄物などである。

 

食料生産と消費過程の全体では、消費者は最も多くの食糧を廃棄し、全体の30%を占めると報告されている。

報告書ではまた、牛乳とパンが最も無駄にされている食品であることが示されている。

 

マーティン・ファン・ダム氏は、長持ちする製品の有効期限を排除するための運動を行なっている。 そうすることで、より多くの食物廃棄を減らすことができると氏は主張している。

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で