オランダなう

オランダなう


オランダの67歳定年退職に不満

2016-02-24

オランダで働く60代の人々は、オランダの67歳での定年退職について不満を抱いている。

60歳以上の68,000人の労働者達を対象にした人口統計学研究所NIDIによる研究では、70%の人々はなんらかの身体的な問題で労働が困難になっている。

低学歴を持つ労働者達が就労に対する身体的問題について苦情を述べると同時に、高学歴の労働者は職場でのストレスについて言及した。

オランダの現在の年金受給年齢は65歳と5ヶ月である。 2012年には定年は徐々に67歳へと移行することに決定している。

研究の対象者達は平均で63歳と4ヶ月での退職年齢を望んだ。
これは現在のところ可能であるが、定年より早期の退職では、毎年約8%の年金の減少となる。

ひとつの解決策として挙げられるのは、リタイヤの人々のパートタイム就職である。退職した人々がパートタイムで職につき、年金で少し補充するという案だ。しかしながら、雇用先でこれに了承するところは未だ多くないのが現状でもある。

 

画像著作権:





FOLLOW US