オランダなう

オランダなう


uber

© Uber

オランダでUberPop(ウーバーポップ)のサービス廃止へ

2015-11-19

配車タクシーアプリUber(ウーバー)は、既存のタクシーの法律改正での政府との交渉に当たり、問題視されているUberPop(ウーバーポップ)は改正交渉の障害物と成り得ることからオランダでそのサービスを停止すると発表した。

米国企業Uber(ウーバー)のその他のサービス、UberX、UberLuxとUber Blackに関しては継続する。

Uberpop(ウーバーポップ)は、一般のドライバーが個人タクシーの免許なしで自分の車をタクシーにする、俗に言う白タクサービスだ。このサービスを、オランダの裁判所は違法との考えを示していた。Uber(ウーバー)は、今年初めにはUberpop(ウーバーポップ)の運転手のタクシーライセンスを推進していたが、すべての法律上の義務を遵守するための費用は高額となり、多くのドライバーのタクシー免許取得は不可能だと後に判断した。

今年初めに国土交通省の検査官は、タクシー業の法律を遵守しないUber(ウーバー)が支払うべき罰金を最大100万ユーロに上げた。Uberpop(ウーバーポップ)の運転手自身にも4,200ユーロまでの罰金が科せられたり、犯罪歴が与えられている。

 

画像著作権: Uber





FOLLOW US