オランダなう

オランダなう


オランダのインターナショナルスクール 助成金で児童受け入れ拡大

オランダのインターナショナルスクール 助成金で児童受け入れ拡大

2017-03-11

アムステルダムとデン・ハーグにあるオランダのインターナショナルスクールは、待機児童リストの削減目的で受け入れを拡大するための、1070万ユーロの助成金を受け取る。

助成金はオランダ政府、また、アムステルダム市とハーグ市から出されると、NOSが報じている。

 

オランダ経済省は、この資金により約1,150人の待機児童がこれらの学校に入学できるとしている。

この資金は学校の建設と拡張のスピードアップに役立ち、待機児童リストを減らすための一時的な「緊急」教室も作成される。

 

同省はまた、オランダが、オランダに在中する外国勤務員に優しい国でいるように望んでいるとも述べた。

オランダの約90万人の雇用者は、外国企業から来ており、その外国人の社員は子供をインターナショナルスクールに通学させたいと考えている。

 

2016年には、アイントホーフェンのインターナショナルスクールが700万ユーロの助成金を受け取って、児童の受け入れを拡大可能にした。

 





FOLLOW US