オランダなう


オランダなう

オランダスーパーマーケットでブロイラー鶏肉販売停止

2015-12-29

オランダの三大スーパーマーケット、「アルバート・ハイン」(Albert Heijn)、「ユンボ」(Jumbo )、「リドル」(Lidl )の3社は、2016年から「Plofkip」と呼ばれるブロイラー鶏肉の販売を停止すると、Het Parool新聞が報じている。

ブロイラーの鶏肉は、食肉生産をスピードアップするために異常に速く成長させられる。 50グラムの赤ちゃん鶏は6週間で2キロ以上へと成長する。ブロイラー鶏は多くの場合、残酷で劣悪な環境の狭いスペースで飼育されている。

またブロイラー鶏肉は非常に安く販売されていることから、需要と供給の悪循環の生成となっていた。

動物愛護団体「Wakker DIER」はこの決定に喜びの声をあげた。オランダの三大スーパーマーケットは、オランダ全体の鶏肉約半分を販売している。この動きにより、8500万匹の鶏により良い生活環境を与えることになると、団体Wakker DIER広報担当者は述べている。

その他のオランダのスーパーマーケットも段階的にブロイラー鶏肉導入の廃止を予定している。

 

画像著作権: ANP, via Het Parool

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で