オランダなう


オランダなう

オランダ デイケア利用児童の増加で、育児助成費用も増加

2017-06-08

オランダの子どもたちの多くはデイケアやアフタースクール・ケアを利用しており、その結果、財務省が支払う育児手当の額が増えている。

 

オランダ国家統計機関は、54万2000世帯の親が、何らかの形態の育児費用を支払うための財政的支援を受け、2015年から4万2000世帯の増加となっていると報告している。

 

子どもたちのうち約44万人の児童は通学前または放課後のクラブに参加し、43万7000人の子供がデイケアに通った。

 

家族1人当たりの平均支払額は3,760ユーロで、2015年から340ユーロ増加となった。

デイケアとアフタースクールセンターの費用では、世帯では料金の32%程度を支払っている。

 

全国では、ナールデン、アムステルダム、ワッセナー、アムステルフェーン、デンハーグ、ロッテルダムの子供たちは平均して1,000時間以上を託児所で過ごし、最長となっている。

ゼーラント、フリースラント、ドレンテ、オーファーアイセルでは、子どもたちはデイケアで1日平均600時間以下を過ごす。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で