オランダなう

オランダなう


オランダのホテル

オランダホテルの4分の1 Airbnbら民泊との競争を実感

2017-07-12

オランダの全ホテルのほぼ4分の1は、Airbnb、HomeAway、Wimduなどの民泊サービスプラットフォームとの強い競争を強いられていると述べている。

 

オランダ統計局は、オランダのホテルを対象に2016年に行われた調査結果を発表した。

この調査では、調査対象のホテルの24%がAirbnbのような民泊サービスとの競争を経験している。

ホリデーパーク、キャンプ場や、ホステルのようなその他のタイプの宿泊施設もまた、民泊サービスからの圧迫を実感している。

 

特に20〜100台のベッドを持つ中規模ホテル(37%)では、民泊サービスとの競争を強く感じていると述べている。

ベッド10台未満の小さなホテルでは、5軒に1軒未満が競争を感じており、 200台以上のベッドを備えた大型ホテルは4軒に1軒が競争を感じている。

 

主要都市のホテルではその傾向がもっとも顕著で、アムステルダムで31%、デンハーグで35%、ロッテルダムで32%、ユトレヒトで32%が民泊サービスとの苦戦を強いられている。

 

興味深いことに、主要都市ではないマーストリヒトのホテルが36%と、もっとも多く、民泊サービスとの競争を感じていると回答している。

 





FOLLOW US