オランダなう

オランダなう


オランダ マリファナ栽培は政府の管理畑のみに

© ANP, via RTL

オランダ マリファナ栽培は政府の管理畑のみに

2016-09-23

オランダでの大麻政策は、根本的な改革が行われる。

オランダ議会は、コーヒーショップで販売するマリファナは今後、「政府が管理する畑で栽培されたものでなければならない」とするD66政党による提案に、合意した。

大麻栽培者はまた、税金を支払わなければならない。

 

新法案が通過すれば、製品の品質もチェックされることになると、AD新聞が報じている。

 

オランダにおける推定50万人のマリファナユーザーは、現在彼らが使用している大麻の品質について知る術がない。

特にオランダの国境近辺には、多くの違法マリファナ畑が存在しており、コーヒーショップに大麻を提供している。

これらの大麻栽培畑は通常、犯罪組織によって運営されており、税金を支払わず、製品の品質もチェックしていない。

オランダの都市の多くの市長は、長い間この問題の改正を試みていた。

 

 

画像著作権: ANP, via RTL





FOLLOW US