オランダなう


オランダなう

難民の屋根裏部屋で行われるマリファナ栽培

オランダ ライセンス栽培者のマリファナ生産を合法化 試験導入

2017-10-08

オランダの新連立政権は、ラインセンスを保有する人々がマリファナ(大麻)を栽培して、オランダのマリファナ小売店(コーヒーショップ)に卸すという試験実施導入を計画している。

 

RTL Nieuwsでは、6から10の市町村がこの試験導入に参加すると報告している。

ブレダ(Breda)とアイントホーフェン(Eindhoven)を含む、これらの市町村では、市町村のライセンスを受けた栽培者は、市町村のコーヒーショップに販売するためのマリファナを生産することができる。

 

現在、輸出のみを対象とした輸入医療マリファナ栽培者を除いて、オランダでのマリファナ栽培は違法である。

コーヒーショップがどのように、マリファナを仕入れているのかは一種のグレーゾーンであり、そのほとんどは犯罪組織からであると推測される。

 

多くの市町村では、この事業に関わる犯罪組織を取り除くために、ライセンスを受けた栽培者によるマリファナの生産を合法化しようとしている。

 

2015年にラドバウド大学が行った調査によると、違法なマリファナの生産は、暴力犯罪、火災、環境および騒音の汚染、レジオネラ菌の蔓延につながっていた。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で