オランダなう

オランダなう


オランダ中流階級人口増加 貧富の差が減少

2017-04-29

オランダでは、中流階級の人口が増えている。

 

アメリカの調査会社ピュー・リサーチ(Pew Research)は、米国およびヨーロッパのいくつかの国で、中流階級の人口を調査した。

調査では、2013年、オランダの中流階級人口は全体の78%を占めたことが判明した。

 

中流階級人口数は、ヨーロッパにおいて、オランダは、デンマークに次いで2番目に大きい。

この数は、1991年の76%から2%の増加であった。

低所得層は4.9%減少し、高所得層は3%増加した。

 

78%の中流階級とは、オランダの成人人口の78%が、平均収入の2/3から2倍の収入を得ていることを意味する。

 

報告書によると、オランダでは、3つの所得グループの差は、調査された他の多くの国々よりもずっと小さいものであった。

2013年の平均可処分所得は、低所得層で約22,105ユーロ、中所得層で43,697ユーロ、高所得層で約96,852ユーロであった。したがって、低所得層と高所得層の可処分所得の差はわずか4.38%である。

 





FOLLOW US