オランダなう


オランダなう

© University of Utrecht / Rabobank

オランダ 主要都市の人々は生活への満足度が低いという結果

2017-10-27

オランダの主要都市の人々の生活全般への満足度は、国の他の地域の人々よりもかなり低い。

 

これはユトレヒト大学とラボバンクが行った研究から、明らかになっている。

この研究では、人々の収入のみならず、住居、生活条件、安全、雇用保障、健康などの社会的要因も考慮している。

 

この調査によると、アムステルダム、ロッテルダム、デン・ハーグでは、住宅や安全性をはじめとするすべての事項が全国平均を大幅に下回っている。

 

ドレンテ州の北部は調査で最も高い得点を記録した。

オランダ統計局によると、ドレンテにはまだ多くの失業者が存在しているが、依然として他のオランダ人よりも幸せな人たちである。

ほとんどの人々は生活状況に非常に満足しており、その地域は比較的安全であり、仕事と家庭とのバランスは完璧である。

 

州で見ると、ドレンテ州、ゼーラント州、ユトレヒト州が最も点数が高く、南ホラント州、フレヴォラント州、フローニンゲン州が最悪の点数を記録した。

 

この調査によると、オランダの経済成長は著しいものの、一般的な繁栄は遅れている。

これは主に、労働市場の柔軟性が増したことによるものであると、報告書は指摘している

フレックスジョブを持つ人の数が大幅に増加し、将来の不確実性が増している。

この不確実性が、結果的に人々の生活全般への満足度に悪影響を及ぼしている。

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で